2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.12 (Sun)

バス研定例会 1月     by yuko

毎月、研究会開催時に使用させていただいている「ヤマハ アクトイン千里」の会場がリニューアルされ、ピカピカ(特にお手洗いが素晴らしく美しい!)になった会場で、1月定例会が先月末、行われました。


まずは、ヤマハさんからのお知らせ♪

 岡田 将先生のピアノリサイタルのご案内(2月19日、14時開演、会場・・・千里ヤマハホール)
  
 菊池 裕介先生PTNA課題曲説明会(3月16日、千里ヤマハホール)

 田代 慎之介先生PTNA課題曲説明会(3月23日、千里ヤマハホール)

が、ありますので お申込み、お問い合わせがあればヤマハ千里店(06-6831-6945)までお願いいたします。



そして、1月29日に開催されたスケールグレードの様子を織り交ぜながらグレード受験の際の注意ポイントを再確認しました。

2012_0131_111737-P1030397.jpg

使用テキストは、これです

2012_0211_221738-P1030415.jpg


導入グレードは・・・
2012_0211_221854-P1030417.jpg

1オクターブのスケールとカデンツにバスティンベイシックス テクニックより1曲演奏。

初級グレードは・・・
2012_0211_221822-P1030416.jpg

このように2オクターブのスケールとカデンツ。
まだまだ、中級、上級と続きます。


<スケールグレードの受験時、起こりやすいケース>

導入・・・テンポ、音価の乱れ

初級・・・スケールとアルペジオでテンポが異なる、音価の乱れ、カデンツの左右の長さが異なる

などが挙げられました。

やはり、常日頃からメトロノームを利用して練習するなど、基本が大切だと思います。



スケールの話の次は・・・

先月に引き続き hirorin先生のレッスン室拝見♪

この日はhirorin先生のとっておきの曲、カバレフスキー作曲「ウクライナ民謡変奏曲」の音楽の作り方です。

2012_0131_115525-P1030399.jpg

・出だしのつかみはとても大切。

・各バリエーションごとにキャラクターを決めてイメージを作る。

・曲の中でサプライズを作る。

などの説明がありました。

レッスンビデオを見ていると 本当に1音1音にこだわって突っ込んでいる様子がよくわかります。

大阪弁でノリの良いトークあり、曲に合わせて踊るシーンもチラッと映し出され、パワーあふれるhirorin先生のレッスン風景を感じることが出来ました。


最後に生徒さんのレッスン時、親御さんの付き添いがある場合とない場合の指導方法の意見交換を全員でしました。

やはり、千里バス研の先生達は向上心が強く熱心です。

実は、この日は京都バス研の先生がお2人 見学に来られていました。

千里バス研の空気を感じていただけたかな?

来月はステップもあるので、全員で一丸となり頑張りたいと思います。


スポンサーサイト
17:26  |  定例会  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chacohirorin.blog6.fc2.com/tb.php/210-c6b31ed3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。