2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.09 (Thu)

講座

お友達のS先生とY先生と一緒に、ギロックの公開講座に行ってきました

講師は、ギロック関係の楽譜やCD・ミュージックデータ等の数多く監修されている安田裕子先生です。

安田先生は現在カナダ在住ですが、話される言葉はバリバリの関西弁です ほぇ・・・。

「~やさかいに・・・(~だから・・・)」という今ではあまり使われないような関西弁で、ギロックの曲のすばらしさを熱弁されていました。

最近出版された『ギロックベスト(レベル1~4)』の中の曲を、ギロック協会に所属されている先生方何人かで数曲演奏してくださり、ギロックのこだわり(ギロックの甥に聞いた話から)や、裏話などなど、あっという間の2時間でした。

『♪宮廷のコンサート』という曲がありますが、5人のピアニストの方の演奏を聞かせていただいたのですが・・・

5人5色で、テンポも曲想も全然違っていて、同じ曲とは思えないほどでした。

   8分音符-x2Beamed*Grape(色付-暗い背景用) †SbWebs† 比較的速いテンポで流れるように弾く人→アメリカ人

   8分音符(*゚▽゚)x2Beamed-04:CandyPink(色付-暗い背景用) ゆっくりと書いてある通りのテンポで弾く人→日本人

アメリカ人などは自分の弾きやすいテンポで自由に弾く人が多くて、日本人は真面目に書いてあることを守ろうとするみたいです

でも、弾き手によって1つの曲が色々な曲になるってスゴイなぁ~って、答えはひとつじゃないってあらためて感じましたね。

自分の好きな弾き方で演奏する ことが、音楽を楽しむ上で大切なんですよね。



スポンサーサイト
21:06  |  ピアノレッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://chacohirorin.blog6.fc2.com/tb.php/113-d964b10b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。