2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.31 (Thu)

12月 バス研定例会

12月の定例会では、1月の総会を前に 定款の見直しについて話し合いをしました。

バス研が より良い会になるように…♪





執行部も新しくなり、これから新しい風が吹いてくれることになると思います。



その後は、恒例の忘年会ランチ♡

これから 学びたいこと、とりあげてほしいことを 1人ずつ発表しました。








来年も さらにパワーアップした会になりますように♪
スポンサーサイト
23:37  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.01 (Wed)

公開レッスン


ゴールデンウイークの初日

バス研恒例の公開レッスンが開催されました。

今年は支部との兼ね合いで、研究会内での勉強会という事で

一般の先生方への告知は控えておりましたが

研究会の先生、生徒さん、ご父兄、知り合いの先生

大勢の方にお越しいただき、会場は満員御礼でした。








課題曲が発表されてまだまだ日が浅いにもかかわらず

受講生の皆様は本当によく練習しています(*^^*)


二本柳先生の音へのこだわり

タッチの追求

などのレッスンを目の前で見せていただき

さらに、コンペ課題曲の解釈や練習方法などレッスン頂きました!



ピアノのレッスンにコンペをうまく活用して 生徒さんに充実したレッスンを提供すべく、バス研の先生方は日々勉強しております!!






00:36  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.12.31 (Sat)

バス研定例会12月

年末ギリギリのアップになってしまいましたが、

12月のバス研定例会のお話を・・・


この日は、バス研ブログの管理者でもあるhirorin先生のレッスン室拝見!でした。

2011_1213_110646-P1030215.jpg

根っからの大阪人のhirorin先生のレッスンビデオは、やっぱり大阪弁トーク満載で、とってもテンポの良い、わかりやすいレッスン

バスティンの教材を使っているので、移調は必須ですが

「ドレミがだいすきドレミひめ~♪」

と歌いながら、生徒さん達はスイスイと移調していきます。

hirorin先生曰く、「この移調がすぐに出来るとパーティDは楽なのよ!」

納得です


それから、この日は新入会の先生紹介もあったのですが、私が写真を撮りそこねてしまったので、また後日アップしますね。(M先生、すみません!)


そして・・・

ランチタイムに 近くのカレーのお店でバス研忘年会をしました。

バス研忘年会1


バス研忘年会2

ここ最近、新入会の先生方が増えていたので 全員、順番に自己紹介♪

また3月には恒例のステップもありますし、一致団結して頑張っていきたいと思います。 

いつも、バス研ブログを読んでくださっている皆様、今年も1年お世話になり、ありがとうございました。

2012年も、どうぞよろしくお願いいたします♪

 


23:38  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.20 (Sun)

スケールグレード見学

11月19日、スケールグレードテストが行われましたが

和歌山バス研の先生方が見学に来られました!!

見学に来られた先生のブログを紹介します。

FUN FUN Piano日記@和歌山


千里バス研発信のスケールグレードてすとが、

各地に広がっていくのは嬉しいことです。

和歌山バス研の先生がた、是非とも実施に向けて

頑張ってください。


by hirorin

08:47  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.23 (Mon)

スケールグレードテスト

スケグ


今月のスケールグレードテストは、

いつもバス研定例会をしているアクトイン千里イベントスペースで行われました。




より良い環境で受験してもらい、よりスムーズに審査できるように

進行やマニュアルは開始当初より改良されています。

私は久しぶりに審査に入りましたが、以前よりかなりやり易くなってました。


いつもスケールグレードのお世話してくださってるI先生、M先生ありがとうございます。





スケールグレードテストは音質にはこだわりません。

とにかく

音ミス無く、指使い正しく、一定のテンポで音価を正しく正確に!!


日ごろは普通に弾けているスケールでも、

こんな沢山の人に見つめられては、超緊張ですよねーー!

最後まで弾ききるのはかなりの集中力が必要です。

みなさん指が震えるくらい緊張しながら、頑張ってましたよ






01:44  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。